トヨタのカローラセダンがFMCになるとのことです。

先に5ドアハッチバックがフルモデルチェンジを受けて新型となってます。

そもそもカローラシリーズに5ドアハッチバック、つまりショートワゴンは、しばらく設定されておらず、オーリスの車名で売られていました。欧州と同じモデルネームでの日本販売でしたが、いまいち安い車なのか、高いクルマなのが、スポーティなのか、キャラクター付けが曖昧だった印象です。

今回からカローラシリーズに加わり、庶民的かつコスパの高いモデルとしてリフレッシュされています。

ただし、中身を見てみてみると、カローラは従来のBセグメントではなく、完全にCセグメントにクラスアップしていますね。その中心的存在となりそうなのがカローラセダンです。

もう、営業車はカローラという時代でもありませんし、クラスアップして、信頼性のイメージを引き継ぎ、新たな客層へアピールしたほうが、トヨタのブランド資産をうまく活用できる気もします。

プラットフォームはプリウスと共通になりますから、やはり構造的にもワンクラス上です。エンジンもプリウスと同じ1.8Lハイブリッドが載ることになるでしょうね。

ただし、安いモデルも用意されると思うので、これは1.5Lが載るのでしょうか。

もう小さなセダンは売れない時代ですから、カローラセダンもモデルネーム存続のためにはいろいろ形を変えていかなければということでしょう。

ハリアーのプラグメンテナンスは楽しかった

スバル車で雪道走行の短所

シティで三桁国道走行の不条理

フィットのバッテリー交換は簡単だ

輸入車で彼女とドライブの長所

ランドクルーザーのタイミングベルト切れはこれまでにない後悔

NXのハンドリングは楽しかった

スズキのアクセル動作の得意部分

CX-2でソロキャンプしたかった

レヴォーグのハイブリッド技術の合理性

軽セダンのシフトフィールの不得意部分

RVRのブレーキフィーリングは簡単だ

ジムニーでワイルドな走りの運動力学的な改良

アストンマーチンのハンドリングは楽しかった

Cクラスで家族キャンプのデメリット